二重埋没の欠点やデメリットが知りたい!アラサーちゃんが画像多めで解説!

一大決心で挑んだ二重整形が失敗したら…

 

恐ろしくて考えると、二重整形を受けるのがとても怖くておっくうになってしまいますよね。多くの方は、整形を受ける前に一番最悪の状態を想像してしまうと思います。
当サイト管理人のアラサーちゃんも同じでした。

 

たまたま、腕の良い医師に担当していただ気ことができたので失敗には至らなかったのですが、二重整形、もちろん、切らない埋没法とはいえ、失敗はつきものです。
当サイトでは、どういった失敗があって、失敗しないためにはどんな点に注意してクリニック選びすればいいか?
もし万が一、失敗してしまったらどうしたらいいか対処法、二重埋没法の欠点やリスクなどについて、綴っていきます。

 

プチ整形は身近だからこそ、危険には気づきにくいもの。

 

けれど、自分の皮膚に手を加えるということは、それなりのリスクはあると知っていただきたい。例として挙げる画像は閲覧注意です。

 

 

【閲覧注意】二重埋没法で本当に起こってしまった失敗画像

 

切開法はまだしも、埋没法でもこんな失敗あるの?と目を疑うような症例です。

 

このような症例は珍しいですが、ここまでまぶたが腫れて、眼球に傷が入らなくて良かったです。傷口が赤くはれていますし、二重のラインにうまく糸が縫合されていません。腫れが引いたとしても、きれいな二重になる可能性は低いでしょう。

 


腫れが引いた後の完成形です。
明らかに左右の二重幅が違います。このままではメイクするときアイシャドウの入れる幅も違ってくるし。せっかく二重にしたのにこれほどまでに幅が違っては、また新たな悩みが生まれたといっても過言ではありませんよね。

 

では、こんな失敗に終わってしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?ならないための方法と、なってしまった時の対処法を次のページでお伝えします。

おすすめサイト